ウォーターサーバー広場

ウォーターサーバーをレンタルする

一般的に言われるウォーターサーバーとは、水をストックしておく機械のことです。 水の宅配業者が水の販売とセットで提供することが多いです。 現在主流なのは水の入ったボトルをセットして、常時温水と冷水を使える状態にしておくものが多いです。水のボトルは8リットルから12リットルのものが多く、ウォーターサーバーの上に差しておきます。サーバーのタンクで温水(約85度)・冷水(約5度)が作られ、使用するとボトルの中の水が減っていきます。 サーバーにはいくつか種類があり、デザインはもちろんのことレンタル料のかかるもの(数百円から1,000円程度)があったり無料で利用できるものもあります。もちろん水ボトルは購入することになります。電気代は一般的に1,000円/月ほどかかりますが、エコサーバーと言って電気代を抑えてくれるタイプもあります。これは温水の温度を低めに設定することにより電気代を抑えるという仕組みです。 ウォーターサーバーは水を入れておく機械ですが、長く使用すると内部は徐々に汚れてきます。したがって衛生面を確保するために定期的に交換されることが多いです。1年~2年ほどで無料で取替えしてくれる業者が多いのではないかと思います。また、小さなお子さんがいるお宅では、熱いお湯によるやけどが心配されますので、簡単に操作できないようチャイルドロックのついた給水ボタンも用意されています。 常時温水と冷水が出ますので、お湯を沸かしたり、水を冷やす必要がないのでとても便利です。

>LINKS

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺を作る

ウォーターサーバーはお湯と水が出る機械で、お湯は80℃くらいで水は冷たくて飲みたい時にいつでも飲むことが可能です。お湯は、カップラーメンや料理などにも使えて便利です。サーバーは、会社からのレンタルでお水は頼むと1箱に4個入れて届けてくれます。女性の方、年配の方でも取り付けやすいようにお水が重たくないように軽い物から販売しています。 ウォーターサーバーは、届きましたら基本は自分で設置しますが、どうしても設置が難しい場合は、サイトにも設置方法の動画や説明が載っている場合もありますので見てみるのもおススメですが、それでも設置が無理な場合はお客様サポートセンターに連絡をすると即対応してもらえます。お客様サポートセンターの人は、親切丁寧にお客様がお困りの事を聞いてくれてアドバイスや家まで来て設置してくれます。 サーバーはお客さんが定期的にメンテナンスをして機械の不具合などを確認します。不具合などがあった場合は、ご利用の会社に連絡をすると機械を見に来てくれて適切な対応してくれて直してくれます。ご利用の会社によっては、動画を載せて分かりやすく説明している所もあります。安全でおいしいお水を飲むためにもメンテナンスは大事です。メンテナンスをするだけでも省エネにつながるんです。月の電気代は、会社にもよりますが、だいたい700円位です。 使い終わった容器はプラスチックなのでプラスチックのゴミの日に出すことが可能なんです。なくなりそうになったら頼んでいます。